健康的な一人暮らしをするために知っておきたいテクニック

健康的な一人暮らしをするのは難しいものです。実家暮らしや同居人がいれば家事を分担したり、体の変化に気付いてくれることもあるため、健康に気を付けながら生活することが出来ます。しかし一人暮らしとなると生活をしていくだけでもいっぱいいっぱいになってしまい、自分の健康に目を向ける余裕がないという人も少なくありません。そのため、一人暮らしをしてから健康を損なってしまい、誰も看病をしてくれる人がいない中、自力で体調を治した経験がある人もいるでしょう。
そこで今回は一人暮らしをしている人必見の、健康的な一人暮らしをするために知っておきたいテクニックを紹介していきます。健康への意識が薄れてしまう一人暮らしだからこそ、健康状態を保てるような方法を知っておきましょう。

○一人暮らしは何故健康を損ないやすい?

一人暮らしをしていると何故健康を損ないやすいのでしょうか。いくつか原因は挙げられますが、特に一人暮らしをする上で不健康な状態になってしまう原因があるため、それらを知って気を付けていけば、未然に予防することが出来ます。

食生活が乱れやすくなる

一人暮らしをする上で最も健康を損ないやすい原因だと言えるのが、食生活の乱れだと言えるでしょう。誰かと暮らすよりも自分ひとりの一人暮らしになってしまうと、つい食事に手を抜いてしまうことが多くあります。そのため簡易的な食事で済ませてしまったり、外食が多くなってしまい、栄養バランスが崩壊してしまうのです。
偏った食生活が続いてしまえば当然体は栄養不足となり、免疫力も低下をしてしまい、体調を崩しやすくなります。さらに体を壊した後に治そうと思っても、日々乱れた食事をしていたため、なかなか治りにくいというのも事実だと言えます。

体に気を配る余裕がなくなる

誰かと住んでいれば一緒に住んでいる人の顔色や体調の変化に気付くことが出来ますが、一人暮らしだとそうはいきません。自分自身で健康状態をチェックしていかないと、体調が悪くても無理をしてしまったり気付かずにいたりして、気付いた時には体調をかなり崩していた…なんてことになります。
また一人暮らしをしていると、なかなか余裕がある生活が出来ない人もいます。生活をしていくために身を削っている人も少なくないため、疲れていたり体調が悪い状態が当たり前となってしまい、最悪入院をしてしまう可能性もゼロではありません。

生活リズムが乱れやすい

生活リズムが乱れやすいというのも一人暮らしの特徴です。一緒に生活をする人がいないと、自分だけのペースの生活となってしまい、生活リズムを正していかなければどんどん乱れていってしまうのです。

特に睡眠時間がくるってしまうというのも一人暮らしにはありがちなもの。睡眠時間をしっかりと確保出来なければ、日頃の疲れが取り除けずに蓄積されていくため、体はどんどん疲れて健康を損なってしまうのです。

○健康的な一人暮らしをするためには

健康的な一人暮らしをするためには、一人暮らしだからこそ自分なりに心掛けをしていかなくてはなりません。心掛けていけば忙しい一人暮らしだとしても、余裕を持って生活をすることが出来るので、健康的な一人暮らしを続けやすくなると言えるでしょう。

とにかく野菜を食べる

一人暮らしをしていると、特に食生活の中では野菜不足となってしまう場合が多いと言われています。外食などをしていると肉中心になりがちですし、必要な栄養素を確保するためには大量の野菜を食べなければなりません。そのため、とにかく野菜を多めに食べるように意識をしてみると、案外肉と野菜とのバランスを上手く取れるようになり、栄養を十分に摂ることが出来るのです。

しかし一日に必要な野菜を一人暮らしをする中で食べるのは難しいので、実際に野菜を食べるという他にも野菜ジュースやサプリメントで補ってみると良いでしょう。とにかく栄養バランスの乱れが不健康な生活の始まりとなるので、健康的な一人暮らしをするためにも野菜中心の食生活を心掛けていきましょう。

睡眠時間はしっかりと確保する

睡眠時間をしっかりと確保することが、健康的な一人暮らしをするためには必要不可欠です。睡眠が与える体への影響は良くも悪くも大きなものであり、睡眠をしっかりと取れていれば日頃の疲れを取り除けるだけでなく、一日のパフォーマンス力が上がっていきます。しかし睡眠が取れていなければ疲れが取れず、疲れやすい体質になってしまうので、健康を損ないやすくなってしまうのです。

質の良い睡眠を取らなければ意味がないので、毎日寝る前の入浴で体を温めていき、質の良い睡眠が取れるように意識をしてみましょう。

ストレス解消はこまめに行う

ストレスが蓄積されていけば、どんどん体は壊れていきます。一人暮らしをしていると心細さや生活が必死になってしまい、ストレスを溜めやすくなります。ストレスは心身ともに健康状態を崩壊させてしまうため、一度ストレスによって体を壊してしまえば、なかなか治せず、さらに一人暮らしが辛いものとなってしまいます。
一人暮らしをする上で体を壊してしまうのは大きな負担ともなるので、少しでも負担を減らすためにもストレス解消はこまめに行うように心掛けていきましょう。

○健康を維持するためにやっておきたいこと

一人暮らしの中では、健康を損なわないための努力も必要となりますが、健康を維持するための方法も同じように必要だと言えます。最大限に健康的な状態を維持していければ、体を壊すことも少なくなるので、出来るだけ健康を維持するための努力も欠かさないようにしていきましょう。

適度な運動

健康を維持するためにも適度な運動をしたほうが良いと言えます。適度な運動によって体を動かせれば、新陳代謝を上げたり血行促進効果を得られるので、免疫力をアップさせるだけでなく、栄養も体中にいきわたりやすくなります。

また肥満予防にも繋がるので、肥満が原因でリスクが上がる病気の予防にも繋がっていくのです。体を鍛えれば適度な筋肉も付きますし、丈夫な体にもなります。ちょっとやそっとでは風邪もひきにくくなるので、健康状態を維持しやすくなり、一人暮らしにも余裕が生まれてくるでしょう。

人と会って話す

一人暮らしをしていて、なおかつ忙しい人はつい人付き合いが薄れがちになってしまいますよね。しかし一人暮らしだからこそ出来るだけ人と会い、話すようにしましょう。

ストレス解消にもなるというだけでなく、一人暮らし特有の心細さを解消することが出来るので、気持ちを強く持てるようになるのです。実際に一人暮らしをしている人は、友達と会った時に寂しい気持ちが満たされた経験がある人もいるのではないでしょうか。

また他人の変化に人は気付きやすいと言えるので、もし体調を崩していた場合などは人と会うことによって指摘をしてもらえる可能性もあるのです。
人と接していけば不健康な状態になる前に対策していけるので、必要以上な体調の悪化を防げると言えるのです。

外食は出来るだけ控える

つい面倒くさいという理由などから、一人暮らしをしていると外食が増えてしまうのもよくある話ですよね。確かに外食は手軽であり、疲れている人にとっては一人暮らしをしながら自炊をするのは骨が折れるものでもありますよね。

しかし外食を続けてしまえば栄養バランスが崩壊してしまうため、不健康な状態になりやすくなってしまいます。結果的に手間となってしまうので、健康を維持するためにも出来るだけ外食は控えて、自分で自炊をするようにしましょう。最初は面倒臭いと思っていても、慣れてしまえば栄養バランスも調整しやすく、自分の体調の変化に応じて献立も考えられるようになるので、健康状態を維持しやすくなります。料理の腕も磨けるようになるので、良い機会だと思って料理のレパートリーを増やしてみると食事も楽しくやっていけそうですね。

まとめ

一人暮らしをしていると、なかなか健康を維持するのは難しいものです。一人暮らしをしていると色々と手抜きをしてしまったり、自分の健康状態に気付きにくくなりがちになり、あっという間に体調を崩してしまいます。
健康に気を付けながら一人暮らしをするのであれば、出来るだけ健康を損なうような原因を作らないということや、健康になるための方法や維持するための方法を日頃から心掛けていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です