沢尻エリカの官能シーンが見られるヘルタースケルターは必見

何かと話題を振りまいていた沢尻エリカが主演のヘルタースケルターという映画は良くも悪くも、沢尻エリカにぴったりの作品ではないでしょうか。

今は芸能活動を休止中ですが、この作品はエロ要素も強く、沢尻エリカの官能シーンも堪能できてしまう作品です。

とにかく、キャストと作品内容とがマッチした作品だと思います。

全体的なあらすじ

芸能界で絶大な人気を誇るりりこは実は全身整形美女で目玉、耳、爪、女性器以外はすべて作り物という筋金入りの整形美女です。絶大的スター故その性格も悪く、肉体関係もだらしない印象でした。

映画開始からの時系列で少しずつ、整形のデメリットである劣化、崩れが発生して、と言う流れなのですが、そこは本当にナチュラル美人のキャストになるので雑な印象がありました。多分意味がわからなかったという人も多いと思います。

最終的に美容整形によるものだということが世間に大々的にばれ、記者会見の場で目を突くと言う奇行で幕を閉じます。美容整形という飛び道具を使って得られるもの、太く短い人生を表現し、デメリットである崩れ、人ばれによる精神的傷害を2時間程度の映画にまとめるということでかなり複雑な感想を持ちました。

公開当時はこの映画から何を得たかとか、何を表現したかったかとかは本当に分からなくて気持ち悪さや不快感が強かったです。原作本も絵が好みでは無いため見ていません。原作本を読んでようやくスタートラインくらいに立てるのではないかなという印象を持ちました。

見どころや感想

この映画の好きな所は、やはり主演の女優さんが好きだったからです。この映画の主演後、社会的な問題を抱えて出番が減ってしまいましたが、続編などの公開予定があれば、必ず鑑賞したい作品です。

監督の指導の元、映像美は、それまでの映画界には数少ない背景が使われ、私を魅了しました。薬物や整形、芸能界の闇、などと言った、現代の社会問題にも触れられていたように感じます。

セクシーな場面や、過激な演出も斬新で、R18指定らしい、大変興味をそそられる作品です。ももせかおりさんなど、大御所俳優の方々も、絶妙な脇役で出演されており、トップクラスの芸能人には、映画で描かれていた風景と同じような、人間関係や様々な環境が絡み合っているのかと、すごく妄想を掻き立たせられた、本当に大好きな作品です。

最後は残念な事に、主人公が自殺してしまうエンディングでしたが、ストレスや混乱を感じている様子が、とても刺激的みえました。この映画に出会って以降、監督監修の写真集なども好きになりました。

世界観が素晴らしい

蜷川実花さんの作品の中で一番好きです。なにより世界観が美しすぎて、まさに「鮮やか」という言葉がぴったりな映画だなと思いました。特に赤の表現が美しく、女らしさ、強さ、華やかさ、残酷さを赤という一つの色で表されているのがさすがだなと思いました。

赤というよりは真紅といったほうが正しいかもしれませんね。その赤の表現の中でも個人的には主人公の家の水回りのデザインが好みにドストライクでもし自分の家を建てるならモチーフにしたいなと思うほどです。

ストーリーについては、女の子、特に自分の容姿に悩みを抱えている人には刺さるのではないかなーと思いました。主人公は全く面影がないほど全身を整形した大人気モデルで、自分の容姿にプライドを持っています。

確かに整形して沢尻エリカさんのような美貌を手に入れられるなら人生ももっと楽しくなるんだろうなーとは思うのですが、それもそれで大変なところもまた出てきてしまうようで人生そううまくはいかないなと当たり前ですが改めて思いました。私は深夜に時々見返したくなるような独特の魅力を持っている作品だなと思います。

最後に

この映画は賛否両論沸き起こっているようですが、好きな人も多いと思いますし、むしろ可もなく不可もなくな映画よりも、賛否両論が起こるぐらいのとがった映画のほうが印象に残るのではないでしょうか。

ストーリーなどはそれほど練られていないようにも感じますが、どちらかと言えば世界観を表現するための作品だと思っています。

エリカ様のエロの部分もあますとこなく表現されていて、特に男性は絶対に見て損はない映画だと思います。

沢尻エリカのリアルな人生と、この作品の役のイメージがぴったりと合っているため、余計に感情移入ができて引き込まれてしまうのかもしれません。

そのために沢尻エリカの濡れ場シーンなどは余計に生々しくてエロく感じてしまうのではないでしょうか。ストーリーよりも沢尻エリカのヌードや濡れ場だけを期待してみるのでも全然ありじゃないかと思います。

AV女優ではない、普通の女優さんが映画などで脱いでいたり、激しい濡れ場を演じてる作品は結構ありますが、個人的にはAVよりも楽しめるように思います。

ちなみに他にもエロい濡れ場のある邦画はたくさんあります。意外と知らない人が多いのですが、一流の女優さんが演じる濡れ場のエロさは、その辺のAVには絶対に負けていないと思いますので、確実に満足できると思いますよ。