ぎっくり腰と慢性的腰痛

腰痛は多くの人がなりやすい症状です。症状が悪化してしまうと、場合によっては日常生活に支障をきたしてしまいます。

もし腰痛が起こってしまったら、無理に動かさないことが大切です。腰痛の原因を知ることで、適切な対処法を行うことができます。

世の中にはさまざまな対処法がありますが、必ずしもそれが自分に合っているとは限りません。痛みが酷い時や、痛みが続く時は、早めに整形外科などの医療機関を受診するようにしましょう。

腰痛は何度もぶり返してしまいやすいので、出来るだけ症状が酷くならないように、しっかり予防していきたいものです。

ぎっくり腰になってしまった時の対処法

ぎっくり腰は年齢に関係なく、起こってしまう場合があります。原因は十分な準備運動をなしに、重い物を持ったり、長時間前かがみになっている時などに起こりやすいようです。また、中には入浴中や車の運転時にぎっくり腰になってしまう時もあります。

ぎっくり腰はギクッというような大きな音がして、その後、動けなくなってしまいます。軽い場合は多少の移動はできますが、症状が酷い時は全く動けなくなってしまいます。

激痛が走るので、ぎっくり腰になってしまった時は安静にして、できるだけ痛みが少ない体勢でいるようにしましょう。対処法としては冷シップを患部に貼ったり、鎮痛薬を利用したりすることで、徐々に回復していきます。

ですが、症状が酷い時は専門機関で診てもらいましょう。場合によっては骨折など、他の症状もないか、診てもらった方が良いでしょう。

特にぎっくり腰の場合は接骨院で改善されることも多いです、ぎっくり腰なら八千代市緑が丘の城ノ戸接骨院のサイトに詳しく解説されていますので、お近くの方は一度訪問されると良いでしょう。

慢性腰痛の症状を軽減するための予防方法

長い期間、前かがみの作業を続けたり、重い物を持つことが多いなど、腰への無理な負担がかかることによって、腰痛が慢性化してしまう場合があります。何とか日常生活は送れたとしても、やはり腰痛の悩みからは出来るだけ解消されたいものです。そのためにも普段から腰痛になりにくい生活習慣を送るように心がけましょう。

腰痛は何らかの腰への無理な負担が原因で起こってしまう場合が多いようです。そこで、腰痛予防のためにもストレッチは効果が期待できる運動です。

腰を反らせるストレッチを行うことで、前かがみとは逆の体勢になるので、腰のバランスが取りやすくなってきます。それ以外にも腰痛対策のストレッチや筋トレなどがいろいろあるので、自分に合ったものを見つけて、続けて行くと良いでしょう。

また、腰回りの筋肉を付けることも腰痛予防に効果的です。ウォーキングは無理なく続けられる運動です。自然に腰回りの筋肉を付けることができますし、筋肉が付くことで、腰をしっかりガードできるようになります。

意識して腰痛になりにくい体を作って行く

腰痛は他にも冷えやストレスなどによっても、症状が悪化してしまう場合があります。なので、日頃から腰回りを冷やさないようにしておくのも効果が期待できます。

過度なストレスは腰痛だけではなく、さまざまな心身の不調の繋がってしまうので、避けていきたいものです。適度な運動はストレス解消にもなりますし、腰痛対策にもなるので嬉しい方法です。

腰痛は腰の歪みなどが原因で起こっている場合の他にも、加齢や内臓疾患など、他の理由も考えられます。症状が改善しない時は無理をせずに、早めに医療機関を受診し、適切な対処を行うようにしましょう。

腰痛予防を意識して行い、腰痛になりにくい体を作って行きたいものです。何かを行動するとき、自分の身体よりも気持ちの方が優先してしまうと腰痛が起こりやすくなってしまいます。自分のペースを守り、こまめに自分の腰をいたわるようにしていきたいものです。

 

あわせて読みたい